AppleWatchを試着

AppleWatch

AppleWatch

AppleWatchを試着に行ってきた。WebでAppleStore栄に申し込んだ。名古屋駅のビックカメラでも試着が出来るそうなので、まずビックカメラに行ってみた


Biccamera

Biccamera

予約が必要だと聞いていたが、行列もなく拍子抜け。すぐに試着できることが出来た。まずは、事前に決めていたスポーツ。これが一番安いから。


42mmスポーツ

42mmスポーツ

私は腕が細い。右手に親指と人差し指で左手の手首を回すとかろうじて指がつく。親指と中指なら余裕でつく。男としてはかなり細いのだ。それでスポーツのベルトを合わせると一番細いところで少し余裕を持ちながら装着できた。
ここでいろいろとiPhoneとの連携やメッセージを送ることを実験したかったのだが、前年ながらそういうことは出来なかった。単なる試着のみだ。デジタルクラウンを回すことは出来るが、画面は変わらない。画面デモもモードでずっと動いているだけだ。


38mmミラネーゼループ

38mmミラネーゼループ

AppleWatchをいろいろ操作したいときは、別のセットがある。AppleWatchは完全に固定されていてそこでデジタルクラウンやサイドボタンを押して操作を確認することが出来る。しかし、メッセージを送信したり、絵文字を送ったりすることは出来ない。そういうことが出来るようになるといいのだが。続いて試着したのは38mmミラネーゼループ。これはいい。金属のベルトなのだが、すごくなめらか。無段階で長さを調整できる。私の細い腕にもぴったりとフィットする。また、磁石も強力である。

試着は3つまでなので、最後はWatchのリングブレスレットタイプのベルトを選択。リングは一つずつ外すことが出来る。私の場合は、左右2つずつとったが、それでもやはりブカブカだった。AppleWatchは振動が来るので、ぴったりフィットした状態にしないとだめだ。


WatchEdition

WatchEdition

続いてAppleStore栄に移動した。さすがAppleStoreにはWatchEditionがおいてあった。100万を超える代物だ。

ビックカメラで試着したため、要領がわかっていた。


42mm

42mm

試着はWatchのみ。まずはライトブラウンレザーループを選択。ベルトの長さがLだったため、長かった。大きさを比較するためにいつも私がしている腕時計をしたまま写真撮影をした。やはり42mmは私には大きいようだ。


ベルトを外したところ

ベルトを外したところ

下のベルトを外したところを見せてもらった。写真ではよくわからないが、6つの接点穴がありそこはメンテナンスの時に使うらしい。また、シリアルNOが刻んである。


数々の時計

数々の時計

時計は、机の下の引き出しにしまってある。時計を指定するたびに店員が開けて出してくれる。


ブラッククラッシクバックル

ブラッククラッシクバックル

次に選んだのは、ブラッククラッシクバックル。革製で職人が作ったと説明を受けた。革製だが、切り口がきれい。ビニールのようにも思えた。


ソフトピンクモダンバックル

ソフトピンクモダンバックル

モダンバックルタイプを体験したかった。SまたはMサイズはピンクしかなかったのべピンクを試着。バックル部分は少しはめにくかったが、一度はめるとしっかりと閉まり外れることはないだろう。
店員さんもWEBの情報はチャックしているのだろう。サファイヤガラスは硬くて、ドリルでも大丈夫と降ったら、そうですね、私も見ましたと言われた。


さて、実際に私が買うかと言えば、やはり高すぎる。スポーツタイプでもAppleCareをつけて¥52,488である。さらにこれが3~4年しか持たないとなるとちょっと高すぎる。一般には5万だした時計というのは10年くらい持つだろう。私が普段しているCasioの電波時計でも1万数千円で5年以上もって、今も愛用している。そう考えるとちょっとと思ってしまう。しかし、店員さんによると飛ぶように売れているそうだ。家族出来て4つ買っていった人もいるそうだ。娘が私が試着してピンクのベルトで。金持ちもいるもんだな。200万を超える時計を買う人もいるし。


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ

5

« 2020 »

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31