WindowsServer2012R2の講習会に参加(5)

次はレプリケーション。 受け側の設定。Hyper-Vの設定をクリック。左ペインから「レプリカサーバーとしてこのコンピューターを有効にする」チェックを入れる。ポートの設定では「kerberosを使用する」にチェックを入れる。レプリカ作成を許可するサーバーを指定する。「認証されたすべてのサーバーからのレプリケーションを許可する」をクリック。フォルダーを指定する。

ファイアーウォールのメッセージが出るので、設定しておく。コンパネのシステムとセキュリティー→Windowsファイアーウォー
によるアプリケーションの許可」をクリック。Hyper-vレプリカTHHPにチェックを入れる。

次に送り側の設定。Hyper-Vの設定をクリック。左ペインからレプリケーションを有効にする」にチェックを入れる。あとはウィザードに従って設定する。レプリケーションの頻度は30秒、5分、15分から設定する。


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ

12

« 2020 »

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31