WindowsServer2012R2の講習会に参加(4)

今までで、やっとLiveMigrationの準備が完了。
続いて、受信側の設定。Hyper-vマネージャーからライブマイグレーションを選択。ライブマイグレーションの受信項目で、使用可能な任意のネットワークをライブマイグレーション使用するを選択。
高度な機能から認証プロトコルにはkerberosを選び、圧縮にする。

続いて、ライブマイグレーションをする。送信。
Hyper-vマネージャーから移動したい仮想マシンを選択。接続する。仮想マシンを移動するを選び、適当な名前を付ける。加速マシンのデータを一つの場所に移動するを選び、移動先のホストを選ぶ。内容を確認して完了をクリックすると移動される。


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ

12

« 2020 »

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31