iPadMini、SoftBankの料金体系

iPad mini Retina

iPad mini Retina

iPad mini Retinaディスプレイモデルを購入した。セルラーモデル。白の32GB。SoftBankで購入。以前はiPad2を使っていた。引き続き0から定額を利用する。しかし、この料金体系がなかなかくせ者。そこでその料金体系を紹介する。良くよく注意しておかないと高額な通信料を払わされることになる。

まず、iPad2の時のように100MBまでは無料というのはない。その代わり2600円分くらい通信料金から差し引いてくれるが、引く所がないのでパケット通信料から差し引いてくれるという。では、。2600円くらいのパケット料はどのくらいのサイズかという、約11.5MB。この分の通信はできるかと思うだろう。しかし、この分、実はメールやWebには使用できない。じゃあ何かというと、アプリのダウンロードだそうだ。しかし、11.5MBで収まるあぷりがあるのだろうか?さらに月に何回もダウンロードしたらあっという間に11.5MBは超えてしまう。では超えたらどうなるのだろう?

それを超えたら、比例的に通信料がかかっていく。上限が4980円。じゃあその上限に達するにはあとどのくらい使うかという約3.91MB。つまり、11.5MB+3.91MB=15.41MBを使うと上限の4980円に達してしまう。アプリを一つアップデートすると4980円に達する。

さらにもう一つからくりがある。実はその月に一度でもWebを利用すると、Web使用料金300円がかかることになっている。

それならSoftBankのWifiスポットを利用すれば良いと思うのだが、iPadでWifi設定をしようとすると一度はWifiをOFFにしてWEBで接続しなければならない。その時も300円のWeb使用料はかかってしまう。さらに新しいiPadに変えると古いiPadではSoftBankのWifiスポットが利用できなくなる。

これらのことを良く理解しておかないと、高額な通信料を払わされることになる。設定中のモバイルデータ通信は必ずOFFにしておこう。これらの料金の仕組みを汁と、次回からはセルラーモデルでなくても、Wifiモデルでいい気がする。しかし、一度0から定額を解除すると二度とiPhoneと紐付けることは出来ない。新しい番号でないと紐付けできなくなる。SoftBank地獄か


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ

6

« 2024 »

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30