FM中部勉強会に参加

FM中部

FM中部

今日FM中部の勉強会に参加した。備忘録も兼ねて学んだことを書いておく。

まずはGetValue関数
例えばtext1テキストフィールドに







が入っているとする。その時
GetValue(text1)とすると5返ってくる。
LeftValues(text1;3)とすると





RightValues(text1;3)とすると





が返ってくる。

text2フィールドに
[郵便番号]106-61a40
[都道府県]東京都
[住所]港区六本木 6-10-1
[氏名]中部 太郎
[電話番号]0120-983-850
が入っている時。
[郵便番号]を取得するには
Filter(Substitute(GetValue(テーブル名::text2;1);"[郵便番号]";"");"0123456789-")
[都道府県]東京都を取得するには
Substitute(GetValue(テーブル名::text2;2);"[住所]";"")
[住所]を取得するには
Substitute(GetValue(テーブル名::text2;3);"[住所]";"")
姓(姓と名の間には半角スペースが入っている)を取得するには
Left(Substitute(GetValue(テキスト関数総集編::text_1;4);"[氏名]";"");Position(Substitute(GetValue(テキスト関数総集編::text_1;4);"[氏名]";"");" ";1;1)-1)
本当はLet関数を使うと分かりやすいと思うが。
名を取得するには
Middle(
Substitute(GetValue(テキスト関数総集編::text_1;4);"[氏名]";"");
Position(
Substitute(GetValue(テキスト関数総集編::text_1;4);"[氏名]";"");
" ";1;1)+1;
Length(
Substitute(GetValue(テキスト関数総集編::text_1;4);"[氏名]";"")))
電話番号を半角で取得するには
Substitute(RomanHankaku ( Substitute(GetValue(テキスト関数総集編::text_1;5);"[電話番号]";""));"-";"")

ウィンドウ制御に関して。
ドキュメントウィンドウは双方の上下関係を自由に変えられる。
フローティングウィンドウは下の画面を選択できるが、フローティングウィンドウは必ず最前面になる。ドキュメントウィンドウ(モーダル)はそのウィンドウを閉じない限り、下のウィンドウを選択できない。


FileMaker カンファレンス in 大阪 2015に参加

FileMaker カンファレンス in 大阪 2015

FileMaker カンファレンス in 大阪 2015

FileMaker カンファレンス in 大阪 2015に参加した。昨年に続いて2回目。

オープニングセッションは非常に面白い話をたくさん聞いた。しかし、これは書くわけにはいかない。
続いては寿商会の深沢さんのセッション。FileMakerとWebAPIの連携の話。取り出したデータをいかにFileMakerに取り込むかがLet関数を用いた実例を紹介してくれ、非常に役に立った。

最後に参加したのは、パッドシステムの河村さんのセッション。ちょっと変わった切り口であったが、新機能を様々に紹介され、すぐに使えそうなTIPSがいっぱいの有意義なセッションであった。


FM中部勉強会に参加

FM中部の勉強会

FM中部の勉強会


FM中部の勉強会に参加した。いつも大変勉強になる。本日のお題はテキスト関数(Substitute,Replace,Filter,Exact)の勉強、スクリプト引数とスクリプトの結果、FileMaker14の新機能についてだった。

Exact関数で話題になったのは、オブジェクトを比較したときにどうなるかの話。これは、ちょっと検証してみたい。
subsituteはすべて置換する。replaceは指定した文字から1回のみ。
substitute ファイル名をとるのに使う。¥を改行に置換する。一番下がファイル名、その上がフォルダー名。


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ

10

« 2021 »

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31